› 
 › 聞くスキル聞き出すスキル

聞くスキル聞き出すスキル

- カスタムプラン -

コンテンツもデザインも全部お任せして本当によかった!

情熱プロデュース

藤木健 様 氏

情熱のコールセンタートレーナ―として、数々のセミナー登壇、コンサルティング経験をもつ藤木様。「解約率の減少」「売上アップ」「サービスレベルの向上」など、目標数値をコミットするコンサルタントとしても注目されています。ご自身の初の書籍となる「聞くスキル聞き出すスキル」は、Amazon新着ランキング(営業・セールス部門)で第一位を獲得するほどの人気のCCコンサルタントです。

お客様の声

依頼してみてのご感想はいかがですか?

ランディングページを作るのも初めてだったので、どこにお願いしようか考えていました。WEB業界も色々な会社があり「技術と費用が合わない会社さんも多い」と聞いていましたので。そんな中、知人から「ロジックシミュレータという良いWEBチームがある」と教えてもらったので、早々にご連絡をさせていただきました。

自分の要望としては、あらかじめお伝えしたものの「どんなデザイン、どんなコンテンツをのせるか?」などはあまり考えていませんでした。お見積りをご依頼した翌日に、金額とあわせて「なるほど!」と思える企画内容もいただき、まず、そこでガッツリと掴まれた感じです(笑)。そんなスピード感のある対応や、面白いアイディアをいただける点が、私にとっては魅力的でした。

デザイン案をいただいたのも3日後くらいでしたよね?編集の方々とも一緒に拝見したけど、全員が「いい感じだね」という反応で、数か所修正していただく程度でキレイにまとまり、おかげ様でスムーズにリリースできました。

SEOでも、要望のキーワードでしっかり表示されるようにしていただいて、大山さんに全部お任せして、本当によかったです。

ご検討中の方へメッセージをお願いします。

WEB制作会社も多いので「どこに頼んだら安心か?」というのが全く分からないので悩んでしまう。でも私は、大山さんとやり取りさせてもらって「この人にお任せしてみたい」と感じました。「全体を考えて話をまとめてくれる人」という印象で、信頼できたからです。また、私の考えや書籍の内容についても、深いところまでご質問いただけてとても心強かったです。

お見積りをいただいた時は、正直、即決できませんでした(笑)。でも実際に動いてもらって納品してもらった今では、むしろ「安かった」と感じてます。

「私の目線になって、共に最良のアイディアを考えてくれる」という安心感がありました。それに、今回の施策のデータを詳細に取得できるように様々な設定をしてくれて「成果を次につなげる」所まで配慮いただけた点も凄く良心的だと思っているので。今後またこのような機会があれば、大山さんにお願いしたいし、知人にもホームページを作りたいという人がいれば、ロジックシミュレータを紹介したいです。

ご依頼・ご要望

前提条件

情熱のコールセンタートレーナー、藤木様。ご自身の書籍「聞くスキル聞き出すスキル」の出版に伴い、Amazon予約キャンペーンを実施するため、専用のランディングページをご用意したいとのご相談をいただきました。今回初めてのWEBサイト制作ということで、どうしても魅力的なページを用意したいとのこと。デザイン、コンテンツ、SEOなども含め「全面的に任せたい」ということで、ご指名をいただきました。

  • キャンペーン内容を大きく見せたい
  • 書籍名で検索エンジンの上位に出したい
  • 12日後に指定のサーバにアップ
  • スマホでも見やすいように
  • 集客は紙媒体の広告で行う

という条件に従って制作をいたしました。藤木様が大阪に出張中であるため、ヒアリングは後日LINEで行うこととなりました。

取り組み内容

お話から、下記のことをしっかりと訪問者へ伝えるべきであると考えました。

①藤木さんの本であること
ターゲットはコールセンター業界でスキルアップ意識のある方達。藤木さんは、コンサルティングやセミナー登壇の経験が多い方なので、もしかしたらターゲットの中でも知っている方もいると思い、ご本人のお写真を使わせていただくことにしました。

②コールセンター職の方に有益な情報が満載
本書が、ターゲットに魅力的な一冊である事を伝えることが重要だと思いました。一般的には「目次」だけの紹介になりがちですが、エッセンス、名言などを通して本書の魅力をさらに伝えるようにしました。

③Amazonで予約するとオーディオ教材がもらえる
「Amazon予約キャンペーンと大きく表示したい」というご要望をいただき、ファーストビューで明示。同時に応募手順なども掲載し、すぐに予約できる形が良いと考えました。

そして、SEO対策やスマホ対応という点で「画像だけでなくテキスト化する」という点も重点を置き、バランスよくデザインをさせていただきました。