› 
 › 
 › 制作会社の「内部SEOやってます」に、果てしない違和感

制作会社の「内部SEOやってます」に、果てしない違和感

内部SEOもバッチリ施策します!」という謳い文句の制作会社さんをみかけることが多くなりました。
SEO対策は集客術として非常に重要。

ブログや本もたくさん出てきおり、SEOに関する情報も取得しやすくなったし、WEBマーケターだけでなく、WEBデザイナーさんでもお詳しい方も増えたことでしょう。

とはいえ、制作会社によってSEOノウハウはかなり違います。
また、内部SEO対策をどこまで制作ルールとして採用するかは会社のスタンスにより異なります。

内部SEOやっていますと言っても、内容が全く違うというのが裏事情。企画段階から内部SEOを考えていくのと、制作段階で内部SEOを考えるのでは、施策できる内容が大きく異なるからです。

でも、先に言っておきます。
内部SEOをやれば、検索順位が上がると期待するのは正しくないです。

私は、これまで企業ホームページ、情報ポータルサイト、アフィリエイトメディアなど、いろんなジャンルの企画・制作・運用などに携わってきました。

そんな中で、書籍情報、専門家のブログ、Googleポリシーなどを調べあげ、想像できる限りの内部SEOを実験してみましたが、それらの施策一つで順位が変わることは、ほとんどありませんでした。

それでも、私の結論は「内部SEO対策を充実させることは、とても有益!」です(笑)
それはなぜなのかをご説明させていただきます。

内部SEOは相乗効果をもたらす

私はSEOには3種類あると思っています。聞いたことある人もいると思いますが、内部SEO、外部SEO、コンテンツSEOの3種類です。

内部SEOはホームページ制作時に考えるもので、外部SEOとコンテンツSEOはホームページ公開後に運用しながら行うもの。ホームページ制作時にこの内部SEOをしっかり対策しておくと、外部SEOとコンテンツSEOの効果が全く変わってきます。

そのため、私が検索順位を向上させようと思った時は、必ずこの三つの視点から考えるようにしています。どれか一つに注力するでは、あまり効果は得られません。逆に言えば、この3つのSEO対策をバランスよく行うことで、総合的なSEO評価を高め、上位掲載につながりやすくなるのです。

もちろん、ペナルティのリスクは非常に少ないです。
※ほぼゼロだと思っています。

制作会社の「内部SEOも万全です」はピンキリ

制作会社さんだからと言って、正しい内部SEO情報を持っているとは限りません。

なぜなら、制作会社のミッションは、多くの会社が掲げているようにお客様のご要望にそったホームページを作ることであり、SEO検索上位化することではないからです。果たしてどこまでのSEO対策を行ってくれるのか、同業としては不思議な気持ちになります。

そもそも、検索順位を決めるアルゴリズムは、何個あるかご存知でしょうか?

300以上あるといわれていますが、いわゆるブラックボックス。誰もその真実を知りません。

もし、内部SEO対策やってますという制作会社にお願いするならこう聞いてください。
どんなことをやってくれるんですか?」と。

タイトル、ディスクリプション、パンくずリストなどのSEO対策は、もうやって当たりまえ。その程度のことを、内部SEO対策と自信満々に言うのであれば、SEOに関する知識は少ない会社かなと。

ただ私たちは、内部SEO対策項目リストを持っています。
ブラックボックスと言われるSEOアルゴリズムですが、私たちが効果があると確信した43項目をまとめたものです。

これらを踏まえてホームページを制作するので、SEO面でも大きなアドバンテージを保つことができます。

リニューアルによって、主要キーワードで10位~15位上昇することも珍しくありません。

なぜ、ロジックシミュレータはSEOに強いの?

先ほども述べましたが、私たちは収益化できるサイト制作を目的として、様々なジャンルのWEBサイトを運用してきました。

どうすれば検索順位は上がるのか」を追求して、そこで効果のあると確信できたものをお客様のホームページ制作にも反映させていただいています。

検索数の多い「ビッグワード」と呼ばれるキーワードや、反響効果の高い「ミドルワード」と呼ばれるキーワードで、検索結果の上位に出るようお手伝いさせていただいています。

私たちのホームページ制作ポリシーが売上に貢献できるHPである以上、SEO効果のあるホームページをご提供したいという思いがあるので、現在も様々なSEO効果の検証を行っています。

しかし、私たちがお手伝いできる会社の数は、ほんの数社です。ご依頼をいただいても不本意ながらお断りさせていただくケースの方が多く、とても申し訳なく思っています。

そのため、SEO対策に期待してホームページ制作を依頼される多くの企業様にお役立てできるよう、SEO効果を重視したテンプレートによるホームページ制作でリーズナブルなプランもご用意しています。

この内部SEOのチェック項目を、ご契約している制作会社にこの内部SEO対策項目を見せて、ぜひ内部SEOの対策強化を図ってみてください。そして、外部SEO対策とコンテンツSEO対策も併せて行っていただければ、その効果を実感できるかと思います。

内部SEOに関して、ご理解いただけたでしょうか?

もっと詳しくSEOについて知りたい方は、本気のコンテンツSEOの個人セミナーをご検討ください。内部SEOだけでなく、コンテンツSEOを上手に活用した見込み顧客の獲得手法を伝授いたします!

さあ、今日も右上がりでいきましょう!