› 
 › WEBへの投資は“その時に必要なこと”へ

WEBへの投資は“その時に必要なこと”へ

ホームページ制作会社の中にはランニングコストを請求する会社も多数あります。

例えば10万円で高品質なホームページ制作を行います」と謡っているにもかかわらず、毎月1万円の管理費用を請求するというような請求方法です。

一見安くホームページが作れるように見えますが、毎月12万円の管理費用が発生していることに。

3年所持するだけでも36万。
10年所持したら120万円の管理費用です。

…逆に高くないですか?

毎月1万円なら資金繰り的には楽だからオッケーとか?

まず、私たちと彼らとでは、一体何か違うのかを、少しお話させていただきたいと思います。

何のために支払っているのか、ご存知ですか?

私たちのお客様でも、年間24万円もの管理費用とSEO費用を支払っていたお客様がおりました。そこで私たちは、同業者として、お客様に次のような質問をさせていただきました。

24万円分の価値を実感されていますか?

お客様としては「実感していない」とのことでした。

ただ、施策内容としてはお話を伺っただけでは不明な点も多かったため、私たちの方で確認させていただくことになりました。これまでの一通りのホームページに関する資料をいただき調査してみたところ、下記のような問題がありました。

  • 年々、訪問者数は減少している
  • 時代遅れの低品質SEO対策がされている
  • サイトの更新には別途費用が発生
  • 個性のないテンプレートデザイン作られている
  • サイト更新費用は別途請求される

管理費と更新費用は別なのかよ…(笑)

私たちは、このようなサービスに年間24万もの費用を払う必要があるとは到底思えないのですが…

あなたはどう思いますか?

ホームページは資産として持っていたほうが良い

月額払いのサービスモデルが多数存在するのは、制作会社のこんな狙いが裏側にあるからなのです。

  • 毎月発生する安定的な売上げを作る
  • 労力を割かずして売上を積み上げる
  • 制作費を安く見せられる

しかし、本当にそれでいいのでしょうか?

管理費にお金を払うよりも、1つでも多く情報発信をした方が有益である
私たちはそう考えていますので、管理費等は頂きません。

自社のコンテンツ制作費用に充ててください!

もちろん、管理費を頂かなくても問題がないように、しっかり作りこんで納品させていただきます。

さて、あなたが選ぼうとしている制作会社はその点大丈夫でしょうか?
どうか今一度、慎重にご検討ください。