› 
 › マーケティング思考でホームページを作っています。

マーケティング思考でホームページを作っています。

なぜ、ホームページならロジックシミュレータと言われるのか。

お客様からは「ただ作るのではなく、マーケティングに基づいて制作企画をしてくれるのが嬉しい」とか「デザイン・コスト・戦略のバランスがいい」などのご感想を頂きます。

そんなお言葉を頂ける理由の一つは、私たちはホームページを作ることではなく、見込み顧客を集めることを使命として活動していることにあります。

マーケティング力で仕事を頂いています。

ロジックシミュレータには営業マンがいません。

そのため、私たちのサービスを届けるためには、ホームページデザインを改善し、届けたいメッセージを改善し、SEO対策を改善し…と、様々な改善作業をず~~~っと繰り返す必要がありました。

また、広告収入で運用しているメディア事業でも、ユーザー心理に基づいたマーケティングテストを行う日々。

なぜ購入されたのか、なぜ購入されなかったのか」を追求し続けた結果、ようやくクライアント様に喜んでいただける売上貢献できるホームページへと昇華することができるようになってきました。

おかげで、私たちへのお問い合わせも増えつつ、ご利用いただいたお客様からもご紹介を頂きつつ、WEB制作活動を続けることができています。

お客様と一緒に作らせてください

本来は、お客様のご指示通りにホームページを作ることがお客様の満足につながるのかもしれない。でも、私たちはそれを理想とは思っていません。

私たちがそうであったように、ホームページを作る目的がビジネスの拡大である場合には、成果が出るかどうかが大切な判断軸。お客様の言う通りに作ることも大切ですが「それで目的が達成できるのか?」というマーケティング観点も重要だと考えています。

つまり「確実に効果を実感できたWEB戦略をご提案していく」というマーケティング思考のホームページ作りが、私たちロジックシミュレータの制作スタンス。

お客様にホームページと一緒にご提案させていただくというお付き合いをさせていただいております。

丸投げしていただいてもがんばれます。

でも、それでは、お客様が満足してもそのサイトを訪れるユーザー(見込み客)が満足しないホームページになります。

お客様も満足、利用者も満足。そんな、ホームページを一緒に相談しながら作りましょう。

ぜひよろしくお願いいたします。

ホームページで成功するには

ホームページは自分の感性、もしくは制作会社の感性だけで作ると予期せぬ失敗に終わることがあります。

例えば「自分はいいと思っていたけど、その良さに誰も共感してもらえない」とか、「100万で作ったのに、一件のお問い合わせさえも来ない」というのは、よくある話です(笑)。

そんなことを考えると感覚に頼るのは恐ろしいと思いません?

デザイン力だけでは勝てない

2010年くらいまでは、デザイン力に注目が集まっていました。しかし近年は、WEBマーケティングに関する情報がたくさん出てきて、どの企業もホームページ戦略に力を入れ始めてきたのです。

今では、ホームページのデザインがキレイは当たり前の時代になりましたよね。
検索エンジンから色んな会社を見ていますが、一昔前よりきれいなサイトが増えています。

そのためか、デザインが古く、競合サイトよりも見劣りしてしまうホームページに訪れると、即離脱するユーザーの意見が目立つようになりました。

印象が悪いと瞬時に離脱。
検索結果に出てきた、他のサイトへ流れていくのです。

デザインが良ければ全て良し。

ところが、それも一時。
そう思っていた時代も、すでに過ぎ去っていきました。

サイトはきれいだけど、サービスの良さが分からない

そんなユーザーが増えてきたのです。
デザイン力だけではお客様の心はつかめず、売上向上させることが難しくなってきたのです。

しかし、決して他人事ではありません。

あなたのホームページもこんな状況になっていませんか?

  • 綺麗なデザインだけど 直帰率 がやたら高い
  • とり急ぎ安く作ったけど、やっぱり売上には貢献してくれない
  • マーケティングツールを導入したけど数字が改善されない

思い悩む一方で、こんな成功を得ている人たちがいるのも事実です。

  • 見た目は普通だけど、なぜか問い合わせをたくさん獲得
  • 一枚のだけのページなのに抜群の売上効果
  • コンテンツマーケティングを駆使してビジネスを拡大した などです。

さて、先述した失敗ケースと、この成功ケースの違いは、どこにあると思いますか?

魅力を伝えることが大切

答えは「魅力が伝わっているか」です。

ユーザーはそれほど難しいことを考えてはいないのです。
むしろ、ホームページを見て、シンプルに次のような行動をしたのです。

  • まず「自分の悩みを解決してくれるサイトか?」を一瞬の第一印象で判断する
  • 良さそうなので、デザインやキャッチコピーを見て「解決できそうか」を感じ取る
  • キャッチコピーで気になり、自信の悩み解決策を探すように読み始める
  • 魅力的で信頼できると感じて、お悩み解決サービスを購入した

このようにユーザーを導けるのかが、ホームページの成否の分かれ目となっています。

ここで分かるように、ホームページの良い・悪いを評価するのはあなたではありません。制作会社でもありません。評価するのはユーザーです。

それでも、多くの人が失敗を経験しています。
多発する失敗の理由も、またシンプル。

ユーザーの悩みを解決できる魅力的なサービスとは映っていないんです。

せっかく良いサービスを販売しているのに、これだけのことで競合に見込み客をとられてしまうのはもったいないと思いませんか?

「魅力」という漠然とした指標の正体

大切なのは、ユーザーに魅力が伝わるホームページであること。あなたのホームページを利用するユーザーの方々に、魅力的かつ信頼できるサービスとして伝わるホームページを作ることである。

言われた通りのホームページを作る会社も良いと思いますが、私たちはそれだけではあなたの満足できる結果にはならないと思っているんです。

ロジックシミュレータはこのモットーで、最適なコンテンツ・WEB戦略としてのホームページをご提案いたします。
制作の際は「私はこうしたい!」を入れてしまいがちですが、ユーザーに魅力的に映るかどうかが第一だと考えています。

それにしても、魅力的に映るかなんて、すごく漠然とした指標ですよね。

この魅力とは具体的にどのようなものなのかは 理由2:とある調査が明らかにした、買いたくなる条件 にて詳しくお話いたします。

身内の意見より、データ活用を

また、ユーザー視点で考えるためには「データ分析する」も重要です。というのも「データを見る」のと「社内で意見を集う」のでは、全く成功率が違うということを理解してください。

ここに一つ表があります。

これは統計的に正しい判断をするのには、ある程度の「サンプル(標本)」が必要ということを意味した図です。

[出典]http://takami446.hatenablog.com

見ての通り、標本数が少ないほど、標本誤差は大きくなります。

もっというと、統計的に正しい判断をするには300の標本が必要と言われます。ということは、社内の数人の意見は、特定の価値観にうまれた「誤差」である可能性が高いということです。

身内の意見も重要ですが、もっと客観的な評価によってホームページは作るべきだと思っています。

ロジックシミュレータはデータも重視しています。

私たちを指名してくれたお客様へは、主観でなくまた身内の意見でもない、ユーザーの客観的な評価から成功しやすいホームページ戦略を提案したいからです。

Googleアナリティクスをご使用されているお客様は、私どもにデータの開示をしてください。そちらも無料で拝見させていただき、ホームページ制作の参考材料とさせていただきます。