› 
 › 
 › 小さな会社のための「本気のコンテンツSEO」はココが違う!

小さな会社のための「本気のコンテンツSEO」はココが違う!

最近、コンテンツSEOが間違って認識されていると感じます。

私は困ったときの免罪符として、タイムチケットを通して本気のコンテンツSEOという個別セミナーをやらせていただいてます。そこでは経営者・個人事業主などの「WEBを使ってビジネスをなんとかしたい!」という方向けに個人の経験からアドバイスをさせていただいております。

色々な方とお話する中で、コンテンツSEOが誤解されていると感じることが多々あります。

このような誤解が生じる原因として考えられるのが、インターネット情報。

本来、マーケティング戦略は十人十色。
会社が変われば戦略が変わるし、ビジネスモデルが変われば変わるのです。

にもかかわらず、大手WEBマーケティングの情報サイトや個人ブロガーなどの記事を読んでは、「こうやればいいのか!」と実践したものの、ビジネス戦略との相性が悪く頭を悩ませ続ける…。

大丈夫、WEBマーケティングはもっとシンプルで簡単なんです。

大きな会社なら大きな会社なりのWEBマーケティングがあって、小さい会社なら小さいなりのWEBマーケティングがあります。どちらが強いとか、優れているとかではありません。

会社にあったWEBマーケティングの形がある。
ヒト・モノ・カネは関係ございません。

私が、コンテンツSEOで感じた「致命的な勘違い」をいくつかご紹介いたします。

  • うちのサイト、あまりPVがないんですよ…
  • SNSも使った方がいいですかねぇ?
  • ブログは何文字くらいで書いたらいいですか?
  • キーワードプランナーで選定しているのになぁ…

こういう質問・悩みをよく相談されるのですが、これらについては一切気にしなくて大丈夫です。というのも、小さな会社のためのコンテンツSEOでは、もっと違う所に注力すべきポイントがあるのですから。

PV稼ぎには何の意味もない

そんなわけない!PVは無いよりあった方がいいに決まっている」と思うかもしれませんが、私は本気で言っています。

PVなんてなくてもいい。
PV稼ぎに四苦八苦してる場合じゃないんですよ。

なぜかというと、企業の場合はPV数がお金を生んでくれるわけではないからです。

Googleアドセンスを使ってお金を稼ぐブロガーさんが増えて、コンテンツSEOの戦略は変わってしまったと思います。Googleアドセンスとは、「あなたのブログやサイトに広告を掲載して、読者がその広告をクリックしてくれたら、あなたにお金が入る」というビジネスモデルです。Youtubeなども同じ仕組みですね。

そういう形でお金を作るなら、確かにPVを稼ぐ方法を考えるかもしれない。

でもあなたの会社はそうではない。

あなたにとって重要なことは「誰がどんな気持ちで見ているか?」だと私は考えます。

  • あなたのサービスを使いたい方が、読んでくれているのか…?
  • あなたのサービスをどう感じてくれているのか?

そういうことが小さい会社の戦略には重要になってくるのです。

PV数をどう稼ぐかで消耗してる場合ではありません。はっきり言って、商品が売れるなら、PVは「10しかない」でもいいんです。

SNSで集客すれば売れるは都市伝説

世の中には、嘘か本当かわからない都市伝説がたくさんあります

「朝ごはんは食なくていい」
「牛乳はからだに毒である」

これらが真実かどうかはわかりませんが、大なり小なりたくさんの謎が世の中にはあることが分かります。私はこの中に「facebook広告(Twitter広告)をやれば売れる」を新しく都市伝説に加えたいと思います。

バズ(圧倒的拡散)という言葉が生まれて、そしてfacebookやTwitterなどが広告サービスを展開したこともあり、「SNSは集客ツールである」という見方もされています。そもそもFacebook広告だろうが、リスティング広告だろうが、DMだろうが広告は広告。そこには確固たる広告戦略が存在しなければ何の意味もありません。

SNSはその名の通り、ソーシャル・ネットワーキング・サービス。つまり社会的なネットワーク構築支援を意味します。それは集客というよりは、オンラインの人脈づくりに近い。その場を共有する人たちとお金を生み出す関係構築ができるかどうかが重要です。

あなたの会社は、SNS上でコミュニケーションをするための時間を十分に取れますか?

限られた人的リソースの中ではできることも限られてる。

やるかやらないかではなく「しっかりとビジネスに結び付ける努力を維持できるか?」を考えて判断しなくてはならない。

もう一度言います。

あなたに必要なのは、SNSで誰とどんなコミュニケーションをしつづけられるか?です。

誰とどんなお話をすることがビジネスにつながるのかを考えて判断しなくてはなりません。小手先の広告手法に惑わされてやるのなら、ムダにお金をばらまくのと同じです。

ブログの文字数で悩んでる場合じゃない

検索エンジンは日々進化を遂げています。パンダアップデートやペンギンアップデートと言われる評価アルゴリズムのアップデートなどが行われているのです。

  • 検索エンジンは、ユーザーにとって良い情報であるかを評価している
  • 検索エンジンは、どんなサイトから紹介されているページかを評価している

Googleの方針によれば、今後ますますアルゴリズムの精度は上がっていくでしょう。

2016年には、検索エンジンを占有してきた数々のキュレーションメディアの閉鎖があり「たとえGoogleが許しても、社会が許さん!」みたいな風潮が垣間見えました。インターネット上においての情報の質はますます問われることでしょう。

あなたが文字数で悩むのは、5年前の検索エンジンならSEO対策のためには文字数が重要であるという見解が蔓延したからです。今もWEBコンテンツのライターさんには、5000文字以上などの様に、文字数を指定して記事を書かせる依頼が多いのは変わりません。

しかし、文字数が大切なのですか?

いいえ、ユーザーさんにとって有益な情報であれば、何文字でもいいんです。そう、有益な情報であれば。そして、有益かどうかは文字数では決まりません。あなたにユーザーさんをもてなす愛があるかどうかです。

もう一度言います。

あなたにとって必要なのは「何文字にすればいいのか?」で悩むことではありません。

「お客様が喜んでくれる情報とは何か?」を考えぬくことです。どんな情報を与えればビジネスにつながるのか考えて判断しなくてはなりません。

KWプランナーは成果を求めるには不向き

KWプランナーはSEO対策でも使われていましたが、もう味のしなくなったガムと一緒。

そもそも、KWプランナーにはリスティング広告利用するためのアドバイスツールで、メジャーなキーワードが顔をそろえています。

コンテンツSEOが公になってきたのは2012年頃。そのころからキーワードプランナーを使った戦略は描かれてきましたが、かれこれ5年以上たちます。さすがにもう「味のしなくなったガム」のようなものです。

メジャーなキーワードを好んでコンテンツSEOを実践する人もいますが、わざわざ競合だらけの土俵で戦う必要もないと思うんです。

じゃあ、どうやってキーワードを探すんだ?

ツールでキーワードを探したくなるお気持ちはわかりますが、キーワードはそもそも「ユーザーが自身の悩みを解決するために検索する」ものなのです。

ユーザーを知らずして、最適なコンテンツSEOはできないのです。

そしてユーザーの中にも、購入意欲の高い「見込み客」がいます。あなたはコンテンツSEOを使って見込み客を集めなければならない。

あなたがしなければならないことは、キーワードプランナーで食い尽くされたキーワードを探すことではありません。見込み客の事をしっかりと理解し「見込み客はどんなキーワードであなたのサービスを探すのか?」をしっかり考えることなのです。

もう一度言います。

ユーザーの事をしっかりと理解し、「見込み客はどんなキーワードであなたのサービスを探すのか?」を理解することがコンテンツSEOには欠かせないのです。

いかに少ないリソースで反響を獲得するか

コンテンツSEOは、検索エンジンを使った集客手法でありますが、反響獲得にも非常に高い効果を発揮できる手法です。

大量に記事を書かなくてはいけないように思われますが、どんなキーワードで人を集めるのかによって、嬉しい売上効果を発揮してくれます。

時折、リソース不足を嘆いて格安文章作成サービスなどに手を出したくなるかもしれません。
でも考えてみてください。

そんなことで良いコンテンツができるなら、だれでも良いコンテンツを作れるということになり、相対的な順位は変わりません。

しかしもっと悪いことに、検索エンジンのコンテンツ評価アルゴリズムも日々進化しています。

もはや低品質のコンテンツでは検索エンジンにも評価されにくくなったのです。あなたは、少ないリソースでも良い情報を発信しなくてはならない。そこで、本気のコンテンツSEOを実践し確実な効果を得ていってください。

もし、ご興味がありましたら、コンテンツSEOのお試し個別セミナーにお申し込みください。
ここには書けない私の本音を暴露します。

※たくさんの口コミもいただいておりますのでチェックしてみてください。