› 
 › 
 › 100万円のホームページで「1円にもならなかった…」はマジで地獄。

100万円のホームページで「1円にもならなかった…」はマジで地獄。

おかげ様でロジックシミュレータは、一切の営業活動をなしに、お仕事を頂けるようになってきました。
※まぁ初めからHP集客のみで営業活動は一切行っていませんでしたけど。

それができたのも、口コミでご紹介してくれているクライアント様のおかげです。
本当に感謝しております。

しかし、なぜクライアント様がわざわざ口コミしてくれるのか。
クリエイティブだけでなくマーケティングについても評価してくださっているからかなーと感じています。

私たちは「いかにしてホームページで商品を売るか?」をず~っと考えて実践してます。

人間は一日に6万回思考しているというけれど…
ほとんど販売促進に思考回路を使っているよーな気がしてます。(`・∀・´)エッヘン!!

[注]…気がしているだけです。

ある日、こんな相談が来ました。

100万円で作ったホームページなんですけど、誰に見られているのかもよくわからなくて…もう予算がないんですよね…

非常に残念ですが「100万円」でホームページを作っても1円にもならないことってあるんですよね。
でも、予算なしで何とかしてくれと言われるとさすがにツラいです。

このご相談は、私にこんな疑問を抱かせました。

なぜ、このお客様はそのHP制作会社に依頼したのだろう?」と。

もっと早く相談していただければ、打つ手なんていくらでもあった。
予算があるうちに相談してほしかったというのが正直なところです。

そこで、これからホームページ制作を依頼される経営者様へは、せめて「制作会社をどう選ぶべきか」というお話を、私の知識と経験から個人的な意見を述べたいと思います。

ホームページで仕事を取ることを目的とした場合の選び方なので

ホームページは名刺代わり
とりあえずホームページがあればいい

という方には参考にならないと思うので、ブラウザを閉じてくださって構いません。

良い制作会社とは、どこが優れている会社なのか?

私も過去にWEB制作の外注を依頼したことはあります。

なんかいい会社ないかなー
という感じで色んな会社を探すんですよ。

キーワードを打ちこんでは、出てくる会社の実績を見たり…
クラウドソーシングを覗いてみたり…

そして“良さそうな会社”に問い合わせてみる。
この時の「良さそうな会社」の条件って一体何でしょうね。

私の場合は、以下が「良い制作会社」の条件であると決めています。

  • WEB集客、セールスのノウハウを持っている
  • イメージに近いデザインをしてくれる
  • 概ねの予算から大きく足が出ない
  • 話しの分かる担当者である

これらがないと、後々苦労することになるんです。
逆に、選びたくない会社はこれです。

  • 安さを売りにしている
  • 営業電話をかけてくる
  • 毎月支払いが発生する

安さを売りにする場合は、それ以外は優れていないこと。安さを売りにしている会社さんには「投資対効果」を求めることはできません。

また、営業電話をかけてくる会社は、獲得スキルがないために、電話でアプローチするしかない。毎月支払いが発生するのは、基本的に「制作会社の安定売上」のためで、依頼者に有益なことはないと感じています。

なので、こういう会社さんは、私は必ず避けています。

1|マーケティング観点で話ができる会社か?

WEBマーケティングのプロフェッショナルとしてのノウハウを持っているか。

WEB制作を依頼する際は「人を集めたい」「商品を売りたい」が絶対にあるので、私の場合はマーケティング観点でアイディアのキャッチボールができるかはすごく重視します。

  • ランディングページ制作を得意とする
  • WEBメディア事業をやっている

そんな制作会社さんは、マーケティングに強い傾向があると思います。

そもそも、ランディングページは「即決させる」ために作られるページ。ランディングページを作っている会社さんなら、マーケティングの知識(消費者の行動心理)などを理解されていることが多いです。

WEBメディア事業をやっているところも同様です。WEBメディアは集客が出来なければ始まらない。読者をふやすことも大切ですし、アフィリエイトメディアなどの場合は「購入のための説得(セールス)」に長けています。

そのため、WEBメディア事業を持っている会社は、集客ノウハウを持っている傾向があります。

ちなみに、私たちもランディングページの制作やWEBメディア事業を行っているので、当然マーケティング視点でアイディアをご提案させていただいてます。

2|あなたの理想に近い制作実績があるか?

マーケティングに強くても、それを形にするデザイン力がないとツラいです。

ホームページに限らず、WEBサイトはなんでも「最初1秒の印象」が重要だから。
※詳しくは 「欲しい」を刺激して、見込み客を獲得する をご参照ください

WEBデザイナーと言ってもピンキリ。人によって個性もあるし、得意不得意があります。

その会社が高いデザインスキルを持っていれば、高額な分、いいデザインが生まれてきます。しかし、デザインスキルがない会社に頼んでしまうと、いくらお支払いをしても一切いいデザインは生まれてきません。

スキルがないから、お金は取られても「作れないものは作れない」となります。

そうならないために、制作実績や評判は見たり聞いたりしたほうがいいですね。出来れば、あなたが理想とする制作実績をもっている会社の方が安心だと思います。

3|予算にあわせて作ってもらえるのか?

制作するにあたっては「予算を大事にする」という考え方でいいと思います。確かに相場はあるし「いいホームページを作ろう」と思ったら、ある程度のお金が必要になります。

でも、起業当初やプロジェクトの開始時にまとまったお金を用意できないケースがほとんどですから。
立ち上げ当初から「100万円のホームページを作ろう!」というケースは非常にまれです。

事業には常に段階があります。
業績と共に求められる売り上げは変わりますから、はじめから大きなホームページを用意する必要はないと思っています。

効果的なランディングページが一枚あれば、ビジネスはスタートできます。ご自身で営業することができる、もしくは広告が打てるのであれば、わざわざSEO対策やコンテンツ集客などを考えなくても大丈夫です。

もっと大きな売上が必要になるなと感じる頃には、コンテンツSEOなどを実践して取り入れて集客拡大していけばいいんですよ。

ホームページはビジネスの段階に合わせたものが必要なわけで、決して「何ページもあるホームページ」が優れた効果を発揮してくれるわけではありません。

4|WEB×経営の目線である

人材不足と言われるWEB業界です。
私として人が少ないというよりは「即戦力が少ない…」という印象です。

まぁそれは置いといて。

WEBと言っても事業拡大のためのそれであって「デザインさえよければすべてうまくいく」とかいう話ではありません。だから、経営者の意向をしっかりくみ取れる経営感覚のある人が担当してくれると、思い通りにうまくいったりします。

サラリーマン担当者に当たると…まぁ面倒だったりします。
とことん返信が遅かったり、前向きな意見交換が出来なかったり。

制作チームとして目指すこと

ロジックシミュレータは「これから会社を大きくするぞ!」という経営者のためのWEB戦略をサポートします。ホームページ制作はもちろん、コンテンツ企画やキャンペーンLPなどもお手伝いさせていただいております。

目指すのは常に「WEBでモノ(サービス)を売る」ことができるWEB制作チームです。
ロジックシミュレータに興味がある方は、こちらもあわせてご参照ください。

なぜ、ホームページ制作ならロジックシミュレータと言われるのか?

もし、WEB戦略の件で、お知り合いで頼れる方がいないのなら、お気軽に私たちにご相談ください。
これまでの実績の中で、お力になれることがあるかと思います。

以上、ホームページ制作会社の選び方についてお話しました。
これからも、右上がりでいきましょう!